看板で靴を買う

    こんにちは、一段と寒くなりましたね、naokiです。

    寒いからというのはまったく関係ありませんが、11月もスニーカーを買い続けております。

    タイトルの意味なんですが、端的に言うと、欲しいスニーカーをどこで買うか、ってことです。

    たくさんありますよね、スニーカーショップ(弊社もその端くれです)。

    ただスニーカーのブランドなんて限られているわけで、いろんなお店で同じ商品が発売されるわけです。

    あとはどこで買うか、です。

    僕は、ヨーロッパランニングシューズブームの真っただ中でスニーカーを好きになったので、

    どうしてもヨーロッパのショップで買い物しがちです。

    例えばfootpatrol、例えばEND、例えばpatta

    有名なショップがたくさんありますね。

    素敵な別注を生み出してますしね。



    via: flight club

    何より海外から届く高揚感みたいなのが強くあります。
    頑張って海を越えてきた雰囲気と、現地の匂いが封入されています。
    これは何にも代え難いことです。

    何でこんなブログを書いたのかというとですね、
    ご多分に漏れず、ヨーロッパからスニーカーを買ってしまったんですね。
    何を買ったかはまだ内緒ですが、
    どこで買ったかと言いますとですね、スコットランドの老舗、HANONです。
    炎のロゴが何とも素敵なHANONさん。
    asicsの別注で有名ですね。同色コントラストが何とも美しいです。

    via: flight club

    何よりスコットランドに居を構えているのが、グッときます。
    スコットランド。ロンドンよりも数百キロ北に位置しています。
    そこでも、東京と同じように、いやそれ以上に、スニーカーへ情熱を注いでいる(HANONのキャッチコピーは、keeps on burningです)方がいると思うと、
    えも言われぬ思いを抱いてしまいます。

    そうやって、まだ会ったことのない(下手すると一生会えないかも、、)人たちと、
    スニーカーという共通言語で繋がることができるのは、とても意義深いことだと思います。(超個人的に)

    なんかスケールが大きくなってしまいましたが、
    要は、好きなスニーカーを、好きなお店で手に入れよう!ってことです。

    ちなみにHANONからの荷物は、三日前に追跡が途絶えて以降、音沙汰がありません。
    それもまた一興ということで、、(頑張れ国際郵便!)

    BOKU MO WATASHI MO HANON GA SUKIDAYO-って方、ぜひ店頭でお話ししましょう。お待ちしてます。

    naoki

    この記事を見ている人はこちらも見ています

    READ MORE