A-COLD-WALL*です。

    タイトルにはCOLDが入ってますが、今日は季節外れ(が過ぎる)の暖かさ(暑さ)ですね。
    寒暖差で体調を崩さないように、乳酸菌サプリ飲料を愛用している今日この頃です。
    でも一番効果があるのは、予防接種だと思います。

     

     

    そんな12月に入りまして、早速スニーカーを購入しました。
    ジャン。

     

    ぱっと見、安めの量販店に売っていそうな、休日のお父さんが、
    太いジーパンに合わせていそうな、所謂ダッドシューズですね。
    僕も正直、形にはイマイチしっくりきてないところがあります。
    はいてる時の違和感がすごいです。

     

    おそらくREACT ELEMENTとかZOOM FLYとかの方が、
    カッコ良いモデルなんだと思います。
    「じゃあお前なんで買ったんだよ」
    と言われてしまいそうですが、
    結局のところ、
    A-COLD-WALLがデザインしたというところに尽きてしまいますねえ。

     

    ロンドンを拠点にするデザイナーSAMUEL ROSS率いるブランド。
    イギリスに今も根付く、階級制度への、
    彼なりの解釈を落とし込んだブランドとして、世界中から支持されています。
    ちなみに彼、KANYE WESTやVIRGIL ABLOHの周辺にいた人物としても知られていますね。
    カニエチルドレンのひとりとして挙げられることも、しばしば。

     

     

    僕が彼を知ったのは、確か村上隆氏が洋服を愛用していたところからだったと思います。
    (しかもももクロとのツーショットだった気がする)
    あと同時並行的に藤原ヒロシ氏も、JEFF STAPLEとのインタビューで、
    一番気になってるブランドに挙げていました。

     

     

    時流を反映した、工業的な素材・カラーリング・アプローチ、そして前述したバックボーン。
    彼は間違いなく今年大ブレイクした、気鋭のデザイナーです。
    そんな彼とNIKEの共作が満を持してリリースされたわけです。

    もちろんAF1 HIGHをベースにしたコラボは既出だったわけですが、あれは販路も無理ゲー(!)なわけでございまして、
    早くグローバルリリースのモデル出ないかなーと思っていたところに、VOMEROのリリースです。
    無事に買えてよかったですとにかく。
    たくさん履いて経年劣化を楽しみたいと思います。かっこいい!

     

     

    A-COLD-WALLは、モデルとかに関係なく、その活躍をずっと追っていきたいものです。

     

    少し真面目な話になりますが、みなさんご存知の通り、このブランドは、階級社会に対する、デザイナーなりの解釈によって、
    労働者階級の現況(一種の差異)を根底に据えた服作りを行っているのが特長です。
    しかし、ファッションの流れは、本来階級の上位である、メゾンブランドが積極的に階級差を飛び越え、
    VIRGIL ABLOHやSAMUEL ROSSとの融和を図っています。
    彼らが作り上げた、ラグジュアリーストリートの潮流は、今後も必ずや語り継がれますが、その話題性の一方、
    問題はその後だと思ってます。

     

     

    その中でも、ACWが自ら築き上げたこの”壁(WALL)”は、
    彼ら自身が飛び越えるのも、かなり難しいような気がします。

    なぜなら、マスに対するマイノリティーの視点を、プロダクトに落とし込んだ
    新たなアプローチが評価され、瞬く間に世界的なブランドになりましたね、
    工業製品のような、近未来的なファッションが流行を席巻し、本来マイノリティーだった、(ストリートの産物的な?)
    化学繊維をベースにしたブランドのスタンスがマスとなった今、
    次に彼らが仕掛ける流れはどちらに振れていくのか。全く違う方法で、階級差を表現していくのか。

     

    その壁を飛び越えて、もう一つ上に上がるのか。
    そこの葛藤をどのように、消化していくのか、
    壁は高い分、そのアプローチが楽しみですねえ。

     

    どの方向に進むにせよ、
    微力ながら(本当に微力ながら)、購入というアクションで応援していきたいなと思います。

    この記事を見ている人はこちらも見ています

    READ MORE